2017/06/20

自己責任、安全管理


サーキットを走るという事は自己責任を伴うのである。

でも、
自己責任ってなんだろうね?
どこからどこまで?
何から何まで?
昨今、「自己責任」という言葉の意味すら曖昧な風潮ではあるが・・・。

その答えは正解なのかは知らないが、私の考える限り、
サーキットを走る=自己責任とは、その全てを指すのではないかと思う。

まずは、自己責任を負える能力ってのが必要なんじゃないかと。


2017/06/19

夏季休業のお知らせ


7月~8月の2ヶ月間、ガレージミニ・ミニは休業いたします。

御用のある方は6月末日までにご予約の上ご来店ください。





2017/06/16

怒涛の4日間


余りにも忙しすぎて、記憶がおぼろ。

あー、身体がきつい。
しばらく何もしたくな~い!


2017/06/07

Safety equipment


「サーキットを走るのは安全」

よく聞くフレーズ。


確かに専用の施設なので、峠道をぶっ飛ばすよりも遥かに安全ではある。
しかし、
その専用施設であるサーキットを其れ相応の講習を受けて走る資格(走行ライセンス)を得たとしても、100%安全な訳が無い。むしろ危険だらけだったりするw

我々みたいな小排気量車且つ(設計年度が古い)クラシカルな車でサーキットを走ろうとすれば、現代の車から軽くぶっちぎられるのは日常茶飯事。それも100キロ以上の時速差で、って事も十分アル。
自分自身は気を付けていても他車から突っ込まれることもあるだろうし、
自身の未熟さ故にタコって刺さることもあるだろう。

今は敷居が低く気軽にサーキットを走れる時代ではあるが、
危険な遊びをしているのには変わりない訳だから、その自覚と身を守る為に出来得る限りの安全対策&安全装備は施すに越したことはない。

あなたの命はプライスレスなのだから。